パンプス?ローファー?オフィスカジュアルでの靴選びのルールとお手本コーデ集

カジュアルな要素をちょっぴりプラスしていいものの、ビジネスシーンに適した服装が求められる「オフィスカジュアル」。では、その足元には、どのような靴を合わせるのが正解なのでしょうか。

職場の雰囲気などによってもオフィスカジュアルのボーダーラインはさまざまです。定義が曖昧だからこそ、何を履くべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、オフィスカジュアルにふさわしい靴の種類から選び方を解説するとともに、おすすめのコーディネートまでお届けします。定番アイテムのパンプスからローファー、カジュアル靴まで幅広くそろえました。

オフィスカジュアルに合わせる靴はパンプスがベスト?選び方のポイント

女性の靴にはパンプスからローファー、サンダル、スニーカー、ブーツなどたくさんの種類があります。まずは、多くのバリエーションの中から、ビジネスシーンにふさわしい靴を選ぶためのポイントをチェックしていきましょう。

「冒険しすぎて職場で浮いてしまった……」なんて失敗を避けるためにも、基本ルールをしっかりと押さえておくことが社会人としてのマナーです◎。

黒のプレーンパンプス

<ポイント1>落ち着きのある色や素材

オフィスカジュアルでは、黒やグレー、ベージュなどのスタンダードな色味を選ぶのが基本です。それ以外の色を選ぶときには鮮やかな色や華美な装飾は避け、スーツやオフィスカジュアルにマッチする落ち着いたトーンを意識しましょう。

また同じデザインでも、素材によって大きく印象が変わります。きちんと感のあるレザーや優しげな印象のスエードなどを取り入れてみるのもOK。なお、アニマルレザーやエナメル、メタリック、デニムなどの素材はカジュアルになりすぎるため、ビジネスシーンでは避けたほうが無難です。

<ポイント2>ヒールの高さは8cmくらいまで

動きやすさ、そしてきちんと感を兼ね備える3〜8cmくらいのヒールがビジネスシーンには適しています。ハイヒールには美脚効果が期待できるなどの良い面もありますが、高すぎるヒールは派手すぎたり、華美すぎたりする印象を与えかねません。職場の雰囲気を考慮しつつ、最適な高さのものを選びましょう。

<ポイント3>歩きやすいデザイン

オフィスカジュアルの靴選びで忘れてはならない点は、歩きやすさや動きやすさも考慮することです。デスクワークなのか、移動が多いのか、それとも通勤だけなのか、自身の作業内容に合わせた靴選びを心掛けましょう。

例えば取引先への訪問が多い業務であれば、ヒールの高さだけじゃなく、クッション性のあるインソールで疲れにくさを確保したり、ジャストサイズのパンプスを選んで足への負担を減らしたりするなど、履き心地を重視することが仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

また、雨の日でも快適に過ごせる撥水加工などの機能性もチェックしておきたいポイントです。

オフィスカジュアル靴選びの注意点

オフィスカジュアルに対応する靴は、最もフォーマルなパンプスを筆頭に、ローファー、サンダル、スニーカー、ブーツなどとバリエーションが豊富です。職場の雰囲気や作業内容によって、ボーダーラインを見極めましょう。

一般的にフォーマルな場面ではストッキングを履くのがマナー。オープントゥなどつま先の出ているデザインにも注意が必要です。また、配慮として、カツカツと音が響くようなピンヒールなども避けるのがベターです。

オフィスカジュアルにおすすめのパンプス5選

ビジネスシーンで女性が履く靴といえば、やはり「パンプス」が代表的。スーツなどフォーマルな服装にふさわしいのはもちろん、カジュアルな服装に合わせれば、ほんのりきちんと感を醸し出すことも可能です。

しかし、ひと言にパンプスといっても、その種類は実にさまざま。ここでは、オフィスカジュアルにふさわしい代表的な5つのパンプスをピックアップしました。

プレーンパンプス

パンプスの基本となる「プレーンパンプス」。ストラップやリボンなど装飾のない定番のデザインはトレンドに左右されず、シーンを問わずに使えるので1足持っておくと重宝します。

ミドルヒールと呼ばれる4〜7cm程度の高さのものを選ぶと、ビジネスシーンにもなじみやすいでしょう。

黒のプレーンパンプス

紹介商品

関連商品

ストラップパンプス

足の甲や足首部分のストラップがほっそりしたラインを演出する「ストラップパンプス」。フィット感が増して、履き心地も安定する点がポイントです。

写真のような「甲ストラップ」以外に、かかと部分をストラップで支える「バックストラップ」や足首に巻き付く「アンクルストラップ」などのバリエーションもあります。

足の甲にストラップが付いた黒のストラップパンプス

紹介商品

関連商品

セパレートパンプス

つま先とかかとを覆う部分が別れているデザインのパンプスがセパレートパンプスです。サイドの適度な肌見せが女性らしさを引き立ててくれる点がポイント。

足首をストラップで固定するタイプが主流です。脚をきれいに見せつつ、ある程度のフォーマルにも対応できるのでオフィスカジュアル向きの一足といえるでしょう。

黒のセパレートパンプスを履いた女性の足元

紹介商品

関連商品

フラットパンプス

長時間履いても疲れにくい「フラットパンプス」。ヒールがないことでカジュアル度が少しアップしますが、移動の多い日やアクティブな日には強い味方となるでしょう。

丸いつま先のラウンドトゥは女性ならではのかわいらしさを、シャープなポインテッドトゥは大人っぽくスタイリッシュな印象を与えます。

ベージュ×アイボリーのフラットパンプスを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

チャンキーヒールパンプス

「ずんぐりした」という意味を持つチャンキーの言葉通り、「チャンキーヒール」の一番の特徴はその太いヒールにあります。安定感があるので歩きやすく、ヒールに慣れていない人にもおすすめです。

しっかりしたヒールの存在感で足元にボリュームが出せるので、ワイドパンツなどと合わせると好バランスのスタイリングに仕上がるでしょう。

黒のプレーンなチャンキーヒールパンプスを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

パンプスだけじゃない!オフィスカジュアル向きの靴「ローファー」

シンプルで上品なパンプスがオフィスカジュアルの鉄板とはいえ、おしゃれを楽しむならパンプス以外の選択肢だって欲しいもの。

カジュアルシューズでありながらビジネスシーンにもなじみやすい「ローファー」も、ビジネスシーンには最適です。そして、ローファーもバリエーションが豊富。ここでは、おすすめのローファーを種類別に紹介します。

コインローファー

切り込みが入った甲のデザインが特徴の「コインローファー」。ローファーといえば、このデザインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

スタンダードなデザインですが、学生靴としてのイメージもあるので、オフィスカジュアルコーデに取り入れる際は、上品な色味や細身のデザインを選んでオフィス仕様へアップデートしておきましょう。

スウェード素材のキャメル色コインローファーを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

ビットローファー

馬具を模した金具を甲にあしらう「ビットローファー」は、トラッドな雰囲気を漂わせます。シンプルになりがちなオフィスコーデに、さりげなく上品な華やかさを添えるならビットローファーが最適。ボトムとローファーの色を変えて、その存在感をアピールするのもおすすめです◎。

黒のビットローファーを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

ヴァンプローファー

甲の部分に装飾のない「ヴァンプローファー」は、シンプルだからこそフォルムの美しさにこだわりたいところ。マニッシュなムードを生かしたパンツコーデが得意なデザインですが、シャープなシルエットのものを選べば女性らしいコーデにもマッチします。

シルバーのヴァンプローファーを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

パンプスだけじゃない!オフィスカジュアル向きの靴「カジュアル靴」

自由な社風のオフィスなら、マナーを守りつつ冒険アイテムにもトライしてみたいところ。カジュアル靴がOKかどうかは会社の雰囲気にもよりますが、事前に確認した上で、遊び心たっぷりのアイテムも取り入れてみましょう。ここからは、いつもの雰囲気とチェンジしたい際におすすめのカジュアル靴を紹介します。

上品スニーカー

きれいめコーデのハズしアイテムとしてスニーカーを合わせる際は、汚れのないベーシックカラーのものをチョイスするのがマナーです。また、カジュアル度が高めのスタイルにプラスするとラフになりすぎるので、きれいめコーデに合わせ、抜け感アイテムとして取り入れるのが良いでしょう。

スニーカーは機能性は抜群ですが、その分カジュアル要素はかなり強めです。許容できるかどうかは職場によって大きく判断の分かれるところ。雰囲気をしっかり読んだ上で活躍させましょう。

白のレザースニーカー

紹介商品

関連商品

フォーマルめのサンダル

暑い日にはサンダルで夏気分を取り入れて、シーズンムードたっぷりのおしゃれを楽しみたいところ。しかし、素肌やつま先の見えるサンダルもビジネスシーンではカジュアル過ぎると判断されることも多いので要注意です。

特にスポーツタイプやサボタイプは避けるのがベター。ヒールがあり、きれい見えするサンダルを選びましょう。つま先部分は覆ってある「ミュール」や、ストラップでかかとや足首を固定するようなきちんと感のあるデザインがおすすめです。

甲ストラップパンプスのようなデザインの黒ミュールを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

シンプルなショートブーツ

冬に取り入れたいのがショートブーツです。ブーツもオフィスコーデには適さないとされていましたが、最近はシンプルなショートブーツやブーティであればOKという職場もあるようです。ロングブーツやハードなデザインは避け、きちんと感のあるデザインで取り入れてみるのも良いでしょう。

脚が見える丈のスカートに合わせるなら、ダークカラーのブーツ×黒タイツで統一感を出すとカジュアルな雰囲気が抑えられるのでおすすめです。

クリーム色っぽい白のレザーショートブーツを履く女性の足元

紹介商品

関連商品

お堅い職場もOK!きちんと派のオフィスカジュアル靴コーデ5選

オフィスカジュアルにおすすめの靴が分かったところで、次は実際のコーディネートを考えていきましょう。

まずは、お堅い職場でも好印象を与えられるきれいめオフィスカジュアルコーデをチェック◎。スタンダードなパンプスも、コーディネート次第でさまざまなバリエーションが楽しめます。

春を呼び込む優しげな色合いのワントーンコーデ

イエローグリーン系の淡い春カラーでまとめたワントーンコーデで、トレンド感たっぷりに仕上げました。足元はアイボリーのシンプルなパンプスを合わせて、派手目立ちせずに着地。

春らしさが引き立つカラーリングですが、淡色コーデは膨張して見えてしまいがちなので、タイトなロングスカートで縦のラインを強調したり、手首や足首などの細いパーツを見せたりするなどして、着痩せを意識することがポイントです。

シンプルなトップス×ロング丈タイトスカートのワントーンコーデにアイボリー色のパンプスを履く女性

紹介商品

淡いベージュカラーを足元のブラックでピリッと引き締め

優しげなベージュ系カラーで作る大人のジャケットコーデ。印象がぼやけないよう足元は存在感のある黒パンプスで引き締めます。フォーマル感の強いパンプスを投入することで、きちんと感をより高める効果にも期待。

なお、シンプルな黒パンプスだからこそ、履き心地も重視して選んでおきましょう。何かと使える黒パンプス。さまざまな場面で活躍するので、1足持っておくと便利です。

白トップス×ベージュパンツにアイボリーのジャケットを羽織り、黒のプレーンパンプスを履く女性

紹介商品

ヌーディーなベージュパンプスで足元に抜け感を

上品なレースの透けトップスならセクシーになりすぎず、ほどよい肌見せ感なのでオフィスでもOK。体のラインをあいまいにして、スタイルアップをかなえましょう。

トップスが華やかな分、ボトムはシンプルな黒の美脚パンツできれいめ感をキープするのがビジネスシーンでのマナー。足元はヌーディなベージュパンプスを合わせて、品良く美人ムードに仕上げていきましょう。

白のレーストップスを黒パンツにインして着て、ベージュのサンダルを履く女性

紹介商品

優しげなスウェード素材のパンプスでこなれた印象に

裾アウトで着るシアートップス×ワイドパンツというルーズなシルエットも、上品なパンプスを合わせるだけできちんとした印象に仕上がります。

ニュアンスカラーのグレージュは、どんなコーデにもマッチしておしゃれ感を加速させる優秀色。マットな質感のスウェード素材パンプスで取り入れて、こなれ感のあるコーデへと導きます。

白のシアートップス×センタープレスパンツにグレージュのスウェード生地パンプスを履く女性

紹介商品

上品ピンクパンプスでコーデにアクセントをプラス

フィット感のある黒トップスをチェック柄のフレアースカートにインして着る上品なフェミニンコーデ。大人女子はNOT甘過ぎ。モノトーンで大人かわいくまとめましょう。

そんなフレアースカートの足元にほんの遊び心を加えるなら、大人かわいいピンクベージュのパンプスがベスト。ラウンドトゥデザインやスウェード生地も、女性らしい雰囲気にマッチします◎。オンでもオフでも使える絶妙なデザインが魅力ですね。

黒のタイトトップス×白ベースのフレアースカートにピンクベージュのスウェード生地パンプスを履く女性

紹介商品

ゆる系オフィスに!おしゃれ重視派のオフィスカジュアル靴コーデ5選

最後は、自由度の高めのゆる系オフィスで働く方におすすめのオフィスカジュアルコーデをお届けします。職場で制服に着替えるという方の通勤コーデにも最適◎。

スニーカーやフラットシューズなどカジュアル要素が強めのアイテムで、自分らしさあふれるオフィスカジュアルコーデを楽しんでいきましょう。自分の職場の雰囲気を確認した上で、ぜひトライしてみてくださいね。

ミニマルデザインのスリッポンならオフィスでもOK

どうしてもカジュアルに偏りがちなキャンバス地のスニーカーは、装飾のないミニマルデザインのスリッポンタイプがおすすめ。すっきりとしたデザインがきれいめ要素を上乗せして、ビジネスシーンにもしっくりなじんでくれます。

スニーカーOKの自由な社風なら、白のロンTに透かし編みベストを重ねて個性をアピールするのもおすすめ。シンプルコーデに奥行きが生まれて、おしゃれ上級者へと早変わり。

白ロンTに透かし編みベストを重ね着してベージュのパンツを履き、くすみ紫色のスリッポンを履いた女性

紹介商品

辛口のレオパード柄をバレエシューズでかわいらしく♡

パッと目を引くレオパード柄のスカートを主役にした攻めコーデ。シンプルな白トップスで清潔感を引き寄せ、ハードな印象にならないよう足元のバレエシューズでかわいらしさをアピールしましょう。

肩掛けしたレザージャケットは、ブラウンを選ぶことで全体をまろやかな印象にまとめます。派手系アイテムが多いものの、落ち着いた印象を与えるのは、Iラインシルエットとヒールなしのバレエシューズのおかげ。

インパクト系アイテムをビジネスシーンに取り入れるなら、他アイテムでバランスを取ることをお忘れなく◎。

白トップス×レオパード柄スカートに茶色のレザージャケットを肩掛けして、黒のバレエシューズを履く女性

紹介商品

ジャケットのセットアップコーデをフラットパンプスで気軽に

トレンド感たっぷりに着こなすグレンチェック柄のセットアップコーデ。オーバーサイズ服のリラックスムードに合わせ、フラットシューズでカジュアルダウン。

シャープなシルエットやポンテッドトゥ、アシメトリーの甲の切り替えデザインが、ヒールなしのデザインでも美脚効果を高めてくれます。スーツをちょっと崩して着こなしたい、そんなときに合わせたいパンプスです。

チェック柄のジャケットセットアップを着て、アイボリー系のフラットシューズを履く女性

紹介商品

履き心地重視のローヒールパンプスをハンサムルックに

お堅いオフィスでも通用するネイビージャケットの肩掛けスタイルに、足取り軽やかなローヒールパンプスを合わせて疲れ知らずのアクティブモードへ。女性らしさを強調するハイヒールやミドルヒールではなく、低めのヒールにしたことでほんのりハンサムな仕上がりになっています。

パンプスの色はジャケットと合わせれば、コーディネート全体にまとまり感を与えつつ、おしゃれ見え効果も抜群です。

ブルーのストライプシャツ×グレーのパンツにネイビーのジャケットを肩掛けし、ネイビーのローヒールパンプスを履く女性

紹介商品

個性的なパイソン柄を品よく大人仕上げ

個性強めのパイソン柄パンプスは品の良い大人コーデに合わせて、オフィスコーデらしくシフトチェンジしちゃいましょう。長めのミディ丈スカートからパンプスまでつながるように色合いをなじませることで、派手見えしがちなデザインも自然にコーデに溶け込みます。

淡色のボトムに対して濃い色のトップスで視線を上へと誘導するのも、派手見え防止のテクニック。狙うは「おしゃれアイテムをナチュラルに落とし込む」上級スタイリングです。

ダークグレーのブラウス×グレージュのタイトスカートにパイソン柄パンプスを履く女性

紹介商品

まとめ

1足は持っておきたいベーシックなパンプスから、ちょっと冒険したデザインのパンプス、トラッドなローファーやスニーカーなど、オフィスカジュアルに最適なシューズアイテムはさまざまです。

毎日のオフィスコーデをアップデートするなら小物選びも重要。「今日は何を履きたい?」なんて具合に靴選びからコーディネートを組んでいくのもおもしろいかもしれません◎。マンネリになりがちなオフィスコーデをアップデートするなら、靴選びも重要視していきましょう。