もう悩まない!オフィスカジュアルの基本を伝授

オフィスカジュアルってなに?

会社や職種によってルールの幅が広い「オフィスカジュアル」。
何がOKでNGなのか、いつも悩みませんか?
そもそも「オフィスカジュアル」の定義ってどんなものなのか、
わかっているようで結構、曖昧ですよね。

せっかくなら、通勤服でのおしゃれを楽しみたい。
そのためにも、オフィスカジュアルの許容範囲
「なんとなく」でもいいから理解したい。

今回は、そんな気持ちに寄り添うべく、
オフィスカジュアルの定義とコーディネートのポイントを
スタイリストのりささんに解説していただきました。

オフィカジの定義は? コーデのポイントは? コーデの考え方教えて!

解説①オフィスカジュアルの一般的な定義

オフィスカジュアルとは、カジュアルを取り入れつつもビジネスシーンに適した装いのことで、フォーマルとカジュアルの間のことを指します。
オフィスでのマナーを守りながらも、程よくリラックス感があるスタイルです。

業種・職種・所属企業など、ビジネスシーンは多岐にわたるため定義は広く、「オフィスカジュアル」の境界は曖昧になりがちです。
「オフィスカジュアルとしてOKなのか、NGなのか」といった基準は個人によるところも大きく、職場の雰囲気や他の人の装いを参考に、自分にとって使いやすいアイテムを揃えることがポイントです。

今回の解説では、オフィスカジュアルの中でもスタンダードな「女性らしい定番オフィスカジュアル」を扱っていきます。

オフィスカジュアルの定義解説図

解説②オフィスカジュアルのポイント

オフィスカジュアルは仕事の場でふさわしい恰好である必要があります。
誰に対しても好印象で、信頼される装いであることが大切です。

ポイントは3つ。
①きちんと感
②清潔感
③親しみやすさ

選ぶアイテムや色使いによって、この3つのポイントを抑えていきましょう。
詳しいコーディネートの例と考え方は、次のセクションでご紹介します。

オフィスカジュアルのポイントイメージ図

解説③オフィスカジュアルコーデの考え方

オフィスカジュアルにふさわしい

アイテムの選び方

オフィスカジュアルの定義は広いですが、一般的に「これがあれば、まず間違いなし」といったアイテムがあります。
ここで選ぶべきアイテムのポイントはこちらです。

・トップス
シンプルなデザインを心がけつつ、明るい色味のブラウスやシャツがおすすめです。
コーディネートに取り入れやすいのはもちろんのこと、華やかな印象にもなります。

・スカート/パンツ
黒や白などのベーシックなカラーはマストで持っておきたいですね。
スカートであればタイトスカート、パンツであればテーパードパンツやワイドパンツなどのきれいめシルエットを意識しましょう。

NO.1 Blouse×Tight Skirt コーディネート

ブラウスとタイトスカートの組み合わせは、上品で間違いないオフィスカジュアルコーデ。
この2つのアイテムを使うことで、ポイントである「きちんと感」「清潔感」が出るため、ブラウスの色で「親しみやすさ」を調整するのがおすすめです。

NO.2 Blouse×Wide Pants コーディネート

ワイドパンツは今っぽいシルエットが作れるため、パンツ派さんにおすすめのアイテム。
「きちんと感」のある生地を選ぶことで、オフィスカジュアルとしてもしっくりきます。
スラックスのような生地(スーツのような生地)で作られた「きれいめパンツ」を探すのがおすすめです。

NO.3 Shirt×Tapered Pants コーディネート

シンプルなデザインながらもスマートな印象のシャツブラウスと色でかっこいい印象を作ったこちらのオフィスカジュアルコーデ。
襟と袖に色が入ることでおしゃれ度も高く、モノトーンでまとめたことで全体の印象は清潔感溢れるクールな装いとなります。

NO.4 Cut Sew×Tight Skirt コーディネート

カットソーはオフィスカジュアルとして良くないのでは、と思う方もいるかもしれませんが、選ぶ生地感やデザインによっては、オフィスカジュアルとして使えるアイテムが沢山あります。
つるんとした生地感のものなら、「きちんと感」を損なわずにオフィスになじませることができます。
柔らかい色味を選ぶと親しみさも演出できるため、おすすめです。

オフィスカジュアルに合わせやすい

バッグ・靴・アクセの選び方

合わせる小物でコーディネートの印象は大きく変わるもの。
せっかくきれいめな装いにしても、派手な小物を合わせてしまうとオフィスカジュアルっぽくなくなるので注意。

ここでは、毎日使いできるスタンダードな小物をご紹介します。
選ぶポイントはこちらです。

①バッグ
無地の黒やベージュ・ネイビーがどんなコーデにも合わせやすく、断然使いやすいです。
革や合皮のトートバッグを選ぶと「きちんと感」が生まれるのでおすすめです。

②靴
無地の黒パンプス。
これを持っていればまず間違いありません。
だいたいのコーディネートにも合うため、心配な方はまず1足もっておくことをおすすめします。

コーディネート

オフィスカジュアルの基本の「き」となるアイテムは黒パンプス。
靴とバッグは数をたくさん持つものでもないので、単品で見て好きかどうかよりも、シンプルで何とでも合うものを選ぶのがおすすめです。

オフィスカジュアルにおすすめの靴・バッグ

オフィスカジュアルの

コーデの組み方

組み合わせに悩む方は、小物を含めてベーシックカラーで揃えることをまず意識してみてください。
スポットカラーを入れるときは、コーディネート全体で1色までにするとまとまりやすいのでおすすめです。

ベーシックカラーの中でもベージュは色味が豊富で、統一感を出すには上級者向けとなるため、ここでは定番中の定番、黒・ネイビーでまとめたコーディネート例をご紹介します。

No.01 Black × Mint コーディネート

ベーシックカラーの黒で統一したこちらのコーディネート。
靴・バッグ・スカートの色をベーシックカラーにして、トップスだけカラフルな色を入れるのはオフィスカジュアルの鉄板コーデです。

No.02 Black × Gray コーディネート

こちらも靴・バッグをベーシックカラーの黒で統一。
グレーのセットアップに合わせることで、一気にモードな印象へ仕上げてくれます。
合わせるのが難しいという方は、服や小物の色を完璧に揃えようとせず、靴とバッグの色を合わせるところから始めてみてください。

No.03 Navy × Navy コーディネート

ベーシックカラーのネイビーで統一したコーディネートは、黒でまとめるよりも軽やかでおしゃれな印象を作ることができます。
こちらも、靴とバッグをネイビーで合わせるのがポイントです。

スタイリストりさ

監修

スタイリストりさ

スタイリスト歴15年、TVや雑誌でのコーデ50,000以上の実績を持ち、SNSでのスタイリング解説が人気のベテランスタイリスト。
「昔は田舎のビン底メガネの垢ぬけない中学生だった」というご本人、自分自身をおしゃれにするにはどうしたら良いのか、徹底的にスタイリングを学び、研究して得た知識と、誰にでも分かりやすく説明する能力が武器。
「なぜこの服にはこれが合うのか」
「どうしてこれだとバランスが崩れて見えるのか」
など装いの仕組みを伝え、スタイリングの価値を多くの人に届けている。

  • Instagram@stylist_risa_1130
  • TikTok@stylist_risa